アップグレード版
 
■ブログ内検索

■カテゴリ

■ブログ内タグリンク

■最近の記事
■月別アーカイブ
■リンク
■プロフィール

ねずしん

Author:ねずしん
PCゲーム「オブリビオン」の創作日記メインのはず、なのだが。
I-O DATA の伝説のキャプチャボード
GV-MVP/GXW, GV-MVP/GX2W と
付属ソフト mAgicTV5 について。

このブログへのリンクは自由でございます。

■RSSフィード
■FC2ブックマーク
■最新コメント

■最新トラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 FC2ブックマーク

スポンサー広告 | --:--:--
mAgicTV - 便利なツール
mAgicTV5 を扱う上で、便利なツールを紹介します。
あくまでも「自分にとって」便利なツールですのでご承知下さい。


<便利なツール>

 mAgicマネージャでの番組予約の補助ツール(自作):
  mAgicTV5 番組予約とチューナ機器へのチャンネル予約設定を補助する。
  一応完成していますが、人様に見せられる作りではありません。
  現在、公開に向け再開発中。

 MPEG-2 ファイルを無劣化で編集できるツール
  MPEG Streamclip 1.2b2 beta
  KL QuickTime Alternative 1.81 (MPEG Streamclip の動作に必要)

  これは mAgicTV5 が生成した録画ファイルを「無劣化」で編集できます。
  また、一般によくある「音ずれ」も発生しません。
  CM カットや1つの録画ファイルから一部を切り出すために使います。 とても便利。
  通常 MPEG-2 ファイルの編集はできません。 編集するには再エンコードして
  別ファイルとして書き出すので、画質が劣化します。
  MPEG Streamclip は再エンコードなしにカット編集できます。
  (ただし、カットした接続部分のみ再エンコードします。 見た目分かりませんが。)

 Diskeeper2010 (デフラグソフト)
  インストールするだけで、全自動で HDD のデフラグをしてくれます。
  その存在を忘れるくらいにシステムリソースを使いません。
  通常、OS の仕様でファイルは HDD 上に散り散りに分断されて保存されます。
  OS は、その散り散りになったデータを探しながらファイルを開くので、とても遅くなります。
  デフラグは、分断化されたデータが連続するように HDD 内を整理する作業のことです。
  最近パソコンが遅くなった、と感じる人はデフラグ不足が原因かもしれません。
  PC 録画においては、HDD がきれいな状態の方がトラブルが少なくなります。

 Process Lasso (プロセス優先度最適化ソフト)
  インストールするだけで、全自動で OS を安定化してくれます。
  その存在を忘れるくらいにシステムリソースを使いません。
  通常、OS はフォアグラウンドで実行されているアプリケーションに
  システムリソースを多く割り当てます。
  そのバランスが崩れると、PC が重たく感じる時があります。
  (例えば、ウイルス対策ソフトがスキャンしている時とか。)
  フォアグラウンド・アプリとは、現在タスクバーに乗っかっているものや
  全画面で実行中のゲーム等です。(←厳密には違いますが)
  で、このソフトは体感的に重くならないように、各アプリの実行優先度を自動調節します。
  PC 録画においては、mAgicマネージャの優先度を上げておくと、
  mAgicマネージャがフリーズしにくくなったり、コマ落ち等が減ります。



関連リンク - セットアップ その1
関連リンク - セットアップ その2
関連リンク - よくある現象と注意点
関連リンク - 便利なツール
関連リンク - 不具合レポート




このエントリーをはてなブックマークに追加 FC2ブックマーク

関連記事
スポンサーサイト
 mAgicTV5 を快適に使う | 18:47:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
mAgicTV - よくある現象と注意点
過去に mAgicTV5 で録画予約をしていて発生した
現象や注意点をまとめました。
あるあるーと思う内容もあるかと思います。
今後、さらに気付いた事があれば追加します。


mAgicTV5 のよくある現象と注意点>

 mAgicマネージャでの番組予約:

  ・mAgicガイドを使わない
   --> 理由:基本的に mAgicガイドは使わない方が良いです。
          動作は不安定だし、番組データベースは無駄に肥大化するし。
          mAgicガイドは、単なる「番組表」として利用して、
          録画データの管理と再生は、Windowsエクスプローラ等で直接
          ファイルをいじったほうが良いです。

     肥大化した番組データベースの初期化方法:
      1.mAgicガイドを初めて使う前に、
        mAgicTV5 のインストール先フォルダのファイル
        "C:\Program Files\I-O DATA\mAgicTV\mAgicTV5.mdb" の
        コピーを作っておきます。
      2.mAgicガイドを起動して設定をすべて済ませます。
      3.mAgicガイドを終了して、
        "C:\Documents and Settings\ユーザーアカウント名\Application Data
         \I-O DATA\mAgicTV\ADAMS\epgdata\mAgicTV5.mdb" を、
         1.のファイルに上書きコピーします。
      4.以降、「番組データベースの初期化」を行うと、
        初期設定済みの状態で初期化されます。
      ※仕組みは簡単です。 mAgicガイドは、「番組データベースの初期化」のときに
       1.のファイルを、3.のファイルに上書きコピーしているだけなのです。

  ・なるべく「毎週継続予約」はしない
   --> 理由:mAgicマネージャの動作が遅くなり不安定になる。

  ・「毎週継続予約」の有効期日を確認すること
   --> 理由:有効期日を過ぎると予約実行されなくなる。
        通年物の継続予約などは、有効期日を忘れがちなので注意。

  ・プロテクトは「ON」にする
   --> 理由:mAgicマネージャによる予期しない録画データの削除防止のため。
          mAgicマネージャは、HDD容量が減ってくるとプロテクトされていない
          録画済みデータをじゃんじゃん消していきます。

  ・番組名は、なるべく短くする
   --> 理由:全角20文字分位しか登録できない。

  ・番組間の CM の無い番組(NHK など)を連続予約する場合について、
   予約時間+1分余分に予約する
   --> 理由:予約マージンの設定次第では、番組が切れてしまうことがある。

  ・チューナ予約の場合は、デバイス指定を「自動」にする
   --> 理由:自動にしないと、チューナ予約と外部入力予約が重なった場合に、
          録画実行時に高確率で mAgicマネージャがフリーズする。
          PC をシャットダウンしないと復旧しない。

  ・チューナ予約と外部入力予約を複数重ねる場合は
   録画処理後の mAgicマネージャの挙動に注意する
   --> 理由:稀に録画処理が継続したままになり、同じデバイス入力を延々と録画し続ける。
          (長期間外出している間に現象が発生し、10GB 近い巨大ファイルが
           生成されていてビックリしたことがあります)
          録画データ自体は再生可能なものが生成される模様。
          PC をシャットダウンしないと復旧しない。

  ・設定容量が十分あるはずなのに容量不足で録画失敗する
   --> 原因:保存ファイル情報の欄の「総容量が設定容量を超える」と
          mAgicマネージャは空き容量不足と判断して、録画予約を実行しません。

     回避方法:
      mAgicマネージャの総容量の計算方法は、録画ファイル保存フォルダ内の
      GNO ファイルのあるフォルダ内の MPG ファイルサイズを合計して算出しています。
      つまり、
      GNO ファイルを mAgicマネージャが認識できないようにすれば
      総容量サイズが減ります。
      HDD 容量ギリギリまで録画に使うこともできます。
      具体的には、以下の対策をします。
       録画済みのデータを録画ファイル保存フォルダから移動させる。
       GNO ファイルを消す、あるいは拡張子を変更する。
       ※ GNO ファイルは mAgicPlayer で録画データを見る場合に必要です。
         mAgicPlayer を使わないなら要りません。 ただのテキストファイルです。

  ・録画用 PC のメンテナンスをする
   --> 理由:お馴染みの「書き込み処理において、データの欠損が発生しました。・・云々」の
          メッセージが発生する。
          録画開始終了時刻の遅延、録画データのコマ落ち、
          最悪の場合 mAgicマネージャが応答しなくなる。
     推奨:
      --> 録画ファイル保存フォルダに録画済みのファイルをあまり置かない。
      --> 予約録画中の PC 負荷を抑えること。
      --> 録画ファイル保存フォルダのある HDD のデフラグをしておく。(Diskeeper2010)
      --> mAgicマネージャのプロセス優先度を上げる。(Process Lasso)

  ・停電時に UPS による録画用 PC のシャットダウン/自動復旧を構築している場合、
   mAgicマネージャの自動起動時に「実行できなかった予約を削除しました。」という
   ダイアログが表示される場合がある
   しかし、このダイアログを「手動」で閉じない限り mAgicマネージャの動作は停止する。
   つまり、正常にシステム復旧しても「録画予約は再開されない」。
   非常に有り得ない仕様となっています。


関連リンク - セットアップ その1
関連リンク - セットアップ その2
関連リンク - よくある現象と注意点
関連リンク - 便利なツール
関連リンク - 不具合レポート



このエントリーをはてなブックマークに追加 FC2ブックマーク

関連記事
 mAgicTV5 を快適に使う | 18:46:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
mAgicTV - セットアップ その2
mAgicTV - セットアップ その1 の続きです。

mAgicTV5 の詳細設定をします。
画質や録画ファイルの管理方法等、個人の好みがあると思います。
以下は、私がやっているやり方です。
参考なるかどうか分かりません。 真似をする必要もありません。


mAgicTV5 の初期設定>

 1.サポートソフトの手順に従い、取り合えず mAgicTV5 が使える状態にする。
   各種設定項目は、基本デフォルト値のままにします。

 2.mAgicTV 映像入力調整
   シャープネス = 255
   TV入力ボリューム = 22
   S入力ボリューム = 26
   外部入力 = S端子

 3.mAgic マネージャ
   ※1日の開始時刻を 06:00 と考える。

   ADAMS-EPG+設定:
    番組表データの自動ダウンロード時刻 = 06:10

   時刻補正:
    1日1回 時刻 06:05

   予約設定:
    ファイル命名規則 = 開始時間、番組名

   予約マージン:
    予約開始マージン = 20
    連続録画マージン = 5

   画質:
    「高画質」--> ※WIDE モードとする
     MPEG-2 VBR(平均値指定) 2000000bps(2.0Mbps)
     720x480 アスペクト比 16:9
     MPEG-1 Audio Layer-II 256000bps(256kbps) ステレオ
    「標準画質」--> ※HIGH モードとする
     MPEG-2 VBR(平均値指定) 6000000bps(6.0Mbps)
     720x480 アスペクト比 16:9
     MPEG-1 Audio Layer-II 256000bps(256kbps) ステレオ
    「長時間」--> ※NORMAL モードとする
     MPEG-2 VBR(平均値指定) 2000000bps(2.0Mbps)
     720x480 アスペクト比 4:3
     MPEG-1 Audio Layer-II 256000bps(256kbps) ステレオ

   録画容量設定:
    録画ファイル保存フォルダ = "C:\mAgicTV"(※なるべく浅い階層にする)
    録画容量設定=スライダ右端→手動に切り替え

    ※設定容量が十分あるはずなのに容量不足で録画失敗する現象について
     --> 「よくある現象と注意点」をご覧下さい。

関連リンク - セットアップ その1
関連リンク - セットアップ その2
関連リンク - よくある現象と注意点
関連リンク - 便利なツール
関連リンク - 不具合レポート



このエントリーをはてなブックマークに追加 FC2ブックマーク

関連記事
 mAgicTV5 を快適に使う | 18:45:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
mAgicTV - セットアップ その1
今時アナログキャプチャなんて・・と思いますが。
YouTube で HD録画された動画を見ることがありますが、やっぱりキレイだわ。
ここはあえてアナログで行きます。(いろいろ良い事あるし)


まず、使用する I-O DATA のキャプチャボードについて簡単に説明します。

GV-MVP/GXW
 ・ハードウェア仕様
  W アナログチューナーと MPEG-2 エンコーダ搭載のアナログキャプチャボード
  (前機種 GV-MVP/GX の W チューナータイプ)
  PCI (2.2以降) 対応
 ・デジタル放送コピーワンス(CGMS-A)
  対応なし、録画データは暗号化されません
 ・他製品と組み合わせで最大6チューナーまで同時使用可能
  GV-MVP/GX, GV-MVP/GXW, GV-MVP/RX2, GV-MVP/RX2W,
  GV-MVP/RX2E, GV-MVP/RZ2, GV-MVP/RX
  ※GV-MVP/RX を使う時は RX2, RX2W, RX2E の何れかを同時使用すること
 ・アナログチューナー受信範囲
  VHF:1~12ch、UHF:13~62ch、CATV:C13~C63ch
  ※2011年7月24日までに現行のアナログ放送がデジタル化するため
   この機能は使えなくなります。
   よって実質、外部入力のみのキャプチャボードになります。
 ・ビデオ入力
  コンポジット入力/Sビデオ入力   
 ・添付ソフト
  I-O DATA mAgicTV5
 ・販売状況
  2005年12月7日 生産終了
  中古品を探すしかない

GV-MVP/GX2W
 ・ハードウェア仕様
  GV-MVP/GXW と全く同じ
 ・デジタル放送コピーワンス(CGMS-A)
  対応あり、録画データは暗号化されます。(この機能はドライバソフトで実現)
 ・添付ソフト
  I-O DATA mAgicTV5
 ・販売状況
  2010年1月8日 生産終了
  中古品を探すしかない

GV-MVP/GXWGV-MVP/GX2W を普通に同時使用すると、
 GV-MVP/GXW で録画したデータも暗号化されてしまいますが、
 ちょっと手を加えると、どちらのキャプチャボードで録画しても
 暗号化されなくなります。
 なお、GV-MVP/GX、GV-MVP/GX2、GV-MVP/GXWGV-MVP/GX2W は、
 チューナー数/暗号化可否の違いだけで、全く同じ製品だといえます。

暗号化とは?
 著作権の関係で録画データの複製防止の為に、
 暗号化対応のキャプチャボードで録画すると、
 ”録画 PC”のハードウェア構成から固有値を算出して、
 それを元に録画データを変換します。
 録画データ再生時は、その固有値を元に暗号化解除します。
 (PC パーツを交換/追加して固有値が大きく変わると
   再生不可能になる場合も考えられます。)
 つまり、録画した PC でしか再生できません。
 録画 PC が壊れてしまうと、今まで溜め込んだ録画データは、
 暗号化解除できずに一瞬にしてゴミデータに変化します。
 世界中の誰に頼んでも復元は不可能だと思われます。
 (・・・実は、この辺が最近のキャプチャボードに
   手を出せない理由なんですけど。)


<セットアップ手順>

 ここでは、GV-MVP/GXW と GV-MVP/GX2W を同時使用する場合の手順を書きます。
 また、マザーボードの PCI スロットを上から順に PCI1、PCI2、・・と表現します。
 Windows XP SP3 (DOS/V マシン) にセットアップするものとします。
 セットアップの詳細は、サポートソフトの手順に従って下さい。
 PC に取り付ける前に、キャプチャボードに記載されたシリアルナンバーを控えておくこと。
 キャプチャボードの取り付けを行う時は、PC の電源コードを抜いておくこと。
 作業中は静電気対策を万全にする。(電子工作用の静電気防止手袋をはめると良い)
 デバイスの取り付けとドライバインストールは1枚ずつ行う。
 デバイスをインストールした順番に
  mAgicTV5 上で「デバイス 1, 2」「デバイス 3, 4」と認識される。

 録画システム形態:
  GV-MVP/GXW のS端子入力と
  HVT-KD300 (I-O DATA 地上/BS/110度CSデジタルハイビジョンチューナ) 1台目を接続。
  GV-MVP/GX2W のS端子入力と
  HVT-KD300 (I-O DATA 地上/BS/110度CSデジタルハイビジョンチューナ) 2台目を接続。
  CATV のアンテナ端子を、それぞれのキャプチャボードのアンテナ端子に接続。
  mAgicTV5 で外部入力の予約をして、
  かつチューナー機器にも対応チャンネルの視聴予約をする。
  チューナー機器で手動によるチャンネル切り替えや視聴をしない。


 1.I-O DATA のホームページよりサポートソフトをダウンロードする。
   この時、製品シリアルナンバーが必要になります。
   GV-MVP/GXW  Ver.1.30
   GV-MVP/GX2W Ver.1.31

 2.GV-MVP/GXW ドライバをインストールする。

 3.PC をシャットダウンして、GV-MVP/GXW をマザーボードの PCI1 に挿す。
   PC の電源を入れ GV-MVP/GXW の認識をさせる。(念の為 PC 再起動)

 4.GV-MVP/GXW 付属の mAgicTV5 をインストールする。(PC 再起動)

 5.GV-MVP/GX2W ドライバをインストールする。

 6.PC をシャットダウンして、GV-MVP/GX2W をマザーボードの PCI2 に挿す。
   PC の電源を入れ GV-MVP/GX2W の認識をさせる。(念の為 PC 再起動)

 7.GV-MVP/GX2W 付属の mAgicTV5 を上書きインストールする。(PC 再起動)

 mAgicTV - セットアップ その2 へ続く


関連リンク - セットアップ その1
関連リンク - セットアップ その2
関連リンク - よくある現象と注意点
関連リンク - 便利なツール
関連リンク - 不具合レポート




このエントリーをはてなブックマークに追加 FC2ブックマーク

関連記事
 mAgicTV5 を快適に使う | 18:44:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
Seagate・・・復活
・・・

「・・・シゲさん、元気だったかい?」
そう言いながら男は「シゲト」に近づいていった。

シゲトは、かつて世界中をひっくり返すような大事件を起こし、
長い刑務所暮らしをしていたのだった。
男とシゲトは、古くから付き合いのある仲間だった。

シゲトが居ない間に街の様子はすっかり変わってしまっていた。
エイチジイエステイという高性能のメカが街中を動き回り、
爆音を発している。

街を仕切っている、ウェスタン気取りのデジタル野郎は
AFT と呼ばれる兵器をぶら下げて、ある日突然やってきた。
街のみんなは、その兵器に恐れをなし大人しくなってしまっている。

男も例外ではなかった。
サムソンだかアドンだか判らぬアニキに目を付けられ
追い回されていた所を、そのウェスタン野郎に助けられたのだ。
そして不覚にも心酔してしまったのだ。

・・・

「・・・シゲさん、もう一度組んでみないかい?」
男はシゲトに語りかける。

そう、男はウェスタン野郎にあっさりと裏切られ、
身も心もズタズタになるような深手を負わされていた。

もはや男には、かつての仲間の姿しか思い出せなくなっていた。
シゲトは獄中で深く反省し真人間になっているはずだ。
過去は忘れやり直しをしたい、素直にそう思うようになっていた。

・・・

・・シゲトはゆっくりと動き出し、語り始めた。
「キュィィィーーーンン、ゴガガガップッ」
「おぉ・・・シゲさん」




男はショップの価格表の前で、ブツブツと何かつぶやいていた。
そして小さく驚いた後、ショップの中に消えていった・・・


・・
・・・・
・・・・・・



えーと、
WD 製 HDD を買いまくっていた訳ですが、
短期間に不具合連発したので、自分の中の信頼メーカーから
外れました完全に、WD は。

そして Seagate を再び買ってみることにしました。
よくよく考えたらファーム不具合以外は、
特にトラブルになったことは無かったのです。
(※ CrystalDiskInfo ではシークエラーレート/リードエラーレートの
  数値がどんどん増えて行きますが、個人的には Seagate の
  「クセ」というか「慢性病」みたいなものだと思っています。 実害はありません。)

買った HDD は ST32000542AS (2TB SATA300 5900回転) で、
読み書きは遅いですがデータ倉庫用には良い感じです。
今のところ問題なく動作しています。

しかしながら、ショップの HDD 売り場は、世間の評価を
そのまま表していますね。
棚の目の高さの位置には、Western Digital (在庫僅少)が、
その上に SAMSUNG (在庫なし)、
Western Digital の下に HGST (在庫やや有り)、
そして棚の一番下、見えにくい所に Seagate (在庫多数)。

やはり、そんなものか。


このエントリーをはてなブックマークに追加 FC2ブックマーク

関連記事
 2011年の記録 | 01:48:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
copyright © 2017 ねずブロ - Think First, Think Fast. all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。